第最初キッズが産まれた場合木の遊具にはまり10万円上記使ってしまいましたが、赤ん坊はあまり遊んでくれませんでした

自分には1歳と9歳の方がいるのですが、9歳の方が赤子だった一時木のおもちゃにはまってしまいました。
自分が欲しかった木のおもちゃはドイツなどの欧州のクレアトゥールが手広く、値段も結構高かっただ。
たとえばしょうもない玉をスロープに滅ぼすおもちゃは1万4千円ほどかかりましたし、積み木も2万近くするものを買ってしまいました。
第最初方でしたし発展に良いと言われるとついつい欲しくなってしまい、たぶんトータルして10万円以上は木のおもちゃに使ってしまったと思います。
但し乳幼児の者はあまり木のおもちゃに食いつかず、マックのおまけのおもちゃなどのチープなおもちゃで厳しく遊んでいました。
従ってこういう木のおもちゃたちは全くの私のホビーだったんだなと痛感しました。
だけど木のおもちゃはプラスティックのおもちゃと変わりあまり劣化しないので7歳離れた第二方にも利用することができている。
やはり木のおもちゃは随時遊ぶくらいの度数ですが、リビングに置いておいても内側の障害にはならないしまぁ買ってよかったなと思っています。故郷納税の控除額一覧を見るならここ